読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城プロREはじめました

ゲームの遊び方やイベントの攻略方法

おすすめの城娘一覧。レアリティ☆3以下限定です!

☆4以上のレアリティの高いキャラが強いのは当たり前ですが、城プロREでは☆3以下の低レアな子でも第一線で戦える子がたくさんいて、そこに個人的にはとても強く惹かれています。

なので今回は☆3以下でも大活躍間違いなしの、広くおすすめできる城娘を独断と偏見?で選んでみました。(最終更新日 2017年3月15日)

低レアなほど限界突破しやすい

城娘は同じキャラを合成素材とすることで最大4回まで限界突破、つまりレベル上限値を上げていくことができます。限界突破1回につきレベル上限値が5上がります。

レアリティ初期のレベル上限値限突4回達成後のレベル上限値
☆1 50 70
☆2 55 75
☆3 60 80
☆4 65 85
☆5 70 90
☆6 75 95
☆7 80 100

イベントキャラは別として☆4以上は基本的には招城儀式(ガチャ)で入手するものなので、同じキャラを追加で手に入れるのは資金的にもかなり大変です。

反対に☆2までの城娘ならゲーム序盤からでも築城でポンポン出てきます。☆3も築城レベルを上げることで排出率が目に見えて上がってくるので同一キャラを複数入手できる可能性は十分あります。

☆4で1回も限界突破していないキャラよりも☆1で最大まで限界突破したキャラのほうがレベル的には上になるということです。

もちろん城娘の強さはレベルのほかにも「気」の消費量や特技の内容&計略の有無などによって異なってくるため☆4以上の高レアなキャラのほうが基本的には有利であることに変わりはありませんが、レベルアップによる各種ステータスの底上げは城娘の強化にとても有効なので限界突破のしやすさは低レアキャラにとって大きな強みの一つです。

☆3でも計略は非常に強力

計略とは☆3以上の城娘だけが持つことのできる特殊能力で、合戦中にトークンを出したり任意の城娘の攻撃力や防御力を一時的に増大させたりできます。

計略は高レアなキャラも低レアなキャラも同等のものを持っている場合が結構多いので、その点も☆3キャラの大きな魅力となっています。

ちなみに計略は☆3以上の城娘なら全員持っているという訳ではありません。計略が無いと見劣りするような気もしますが、代わりに計略持ちの城娘より「気」の消費量が少ないため素早く何回も巨大化を行えるといった大きな利点を有しています。

第一波の敵の攻撃が激しすぎる場合には、すぐに最大まで巨大化して防衛の要になってくれるとても頼りになる存在です。

低レアな城娘のほうが特技を発動させやすい

特技とはすべての城娘が有している特殊能力のことで、最大まで巨大化することではじめて発動します。巨大化するたびに城娘の攻撃・防御・耐久・範囲・回復といった各種ステータスが上昇していきます。

各ステータスの上昇率は城娘の城属性によって異なります。

例えば平城よりも平山城のほうが、平山城よりも山城のほうが巨大化による防御ステータスの上昇率は高いといった具合です。

2016年5月31日の定期メンテナンスで歌舞については巨大化を1回行うだけで特技が発動されるようになりました。さらに巨大化するたびに特技の内容もより強力になっていきます。

巨大化できる回数はキャラのレアリティごとに決まっています。

レアリティ巨大化できる回数
☆1~2 3回
☆3~5 4回
☆6~7 5回

巨大化するには一定の「気」を必要とするので、より少ない「気」の消費量で手早く巨大化&特技を発動できる低レアキャラは実はとてもありがたい存在なのです。

特技にはバフやデバフ効果を持ったものや蔵の防御力&耐久値を2倍または3倍にしてくれるものなど役立つものが多くあります。

バフ&デバフについては以下のイベント攻略ページをご参照ください。

shiropro.hatenablog.com

おすすめの城娘一覧

ここからは以下の3点に着目しておすすめと思われる城娘をピックアップしていきたいと思います。

  • 気の消費量
  • 特技の内容
  • 計略の有無&内容

城プロREでは単に「低レア=使えない子」とはならないところが個人的には大変気に入っています。ここに掲げたキャラクターはあくまでも今現在私が有している☆3以下の城娘の中から選んだだけなので、まだ手に入れてない城娘についてはもちろん対象外です。

石弓

柳川城(☆3)

柳川城

殿なら誰もが知っている初期城娘のひとり柳川城です。石弓はほかの城娘のように突出した点は特にないのですが攻防共に平均的な力を発揮してくれるバランスの良い城娘です。

入手のしやすさ(なにせ初期城娘なので)やバフ効果のある特技、さらには任意の城娘の防御力を45秒間1.5倍にしてくれるという使い勝手のいい計略など利点の多さも魅力です。

三原城(☆3)

f:id:toimoni:20160818220600j:plain

敵の移動速度を低下させるというとても珍しいデバフ特技の持ち主です。強敵を時間をかけてじっくり倒したいときや、束になって攻めてくる敵集団の猛攻を緩和したいときなど様々な局面で頼りになる城娘です。

彼女は通常の築城やガチャのほかにも天下統一1-23安芸の初クリア報酬としても入手できます。

浦添城[改壱](☆3)

f:id:toimoni:20170315170142j:plain

改築することで任意の城娘の攻撃力を30秒間1.5倍にするハナジーという計略を新たに習得します。刀の与板城(☆3)よりも時間は10秒短いですが、改築前の浦添城は☆2のキャラなので築城で容易に入手できます。

この計略さえあれば多少不利な状況でも突破できること間違いなし!?です。

石山城(☆1)

石山城

石山城の一番の魅力は、なんといっても「蔵の耐久値と防御力を2倍にする」といった特技になります。

☆1なので最大まで巨大化するのも簡単ですし入手のしやすさから限界突破も早い段階ですぐに出来るようになります。改築が可能な点も大きなメリットのひとつです。

深志城(☆3)

深志城

城プロRE第3回イベント「白き牡丹と黒烏」で☆5の松本城とともに新たに加わった城娘です。深志城の特技も石山城と同じ蔵強化系ですが、深志城は2倍よりもっと凄くて「蔵の耐久値と防御力を3倍」にまで高めてくれます。

計略を持っていないので、素早く最大まで巨大化=特技を発動させることができます。

多聞山城(☆3)

多聞山城

範囲内の城娘の耐久値を15%上昇してくれるバフ効果のある特技だけでなく、任意の場所にいる敵に2.5倍の攻撃を加えるというとても強力な計略まで持っている多聞山城。

任意の場所というのがこの計略のミソで、どんなに離れた場所にいる敵でもこの計略で簡単に倒すことが出来るようになります。

後述の岩櫃城(槍)も同じような計略を持っていますが、こういった使い勝手のいい計略はいくつあっても困りません。最近入手したのでこれから積極的に育てていこうと思います。

鹿野城(☆3)

鹿野城

ぴょんぴょん可愛い鹿野城です。もちろん単に可愛いだけでなく☆3ながら「気」を生み出す白兎神社という計略を持ってきてくれます。

「気」を生み出す計略はこの鹿野城のほかには☆5の春日山城、☆6の首里城、そして☆7の彦根城の3人しか持っていません。

合戦中は何をするにも「気」が必要となります。気が足りないと城娘の配置も巨大化もさらには計略の発動すらもできないので、その大事な「気」を増やしてくれる(2.5秒ごとに1増加)鹿野城が部隊にいるだけで「気」のやりくりがだいぶ楽になります。

彼女もまた改築可能な城娘の1人です。

月山富田城(☆3)

月山富田城

レアリティは☆3ですが月山富田城は計略を持っていません。計略がない代わりに「気」の消費量がすべての城娘の中で最も少ないため、素早く配置&一気に最大まで巨大化させることができます。しかも山城なので槍としては防御力もあっておすすめです。

2016年5月31日の定期メンテナンスで新たに改築ができるようになりました。改築することで尼子十勇士というトークン系の計略が使えるようになります。計略持ちとなることで「気」の基本消費量が6から8へと増えてしまいますが、トークンは合戦で非常に役立つ存在なので基本的には改築したほうが活躍の場も広がっていいと思います。

岩櫃城(☆3)

岩櫃城

先ほどの多聞山城と同じような計略ですが、こちらはさらに敵の移動速度を一定時間低下させるという効果も併せ持っています。

この種の範囲攻撃系の計略は基本的に☆4以上の高レアキャラが持っているものなので、☆3なのに持っている岩櫃城は結構珍しい存在です。

与板城(☆3)

与板城

見た目は小っちゃいですが攻撃力は☆3以下の刀の中ではトップクラスで、一部の☆4クラスの刀さえも上回っています

さらに特技も計略も攻撃力に特化したものばかりで、特に任意の城娘の攻撃力を1.5倍まで高めてくれる越後与板打刃物は同種の計略を有する城娘が少ないため、ここぞというときの迎撃力強化に大変役立ちます。

坂戸城(☆2)

坂戸城

改築をすることで各種ステータスの底上げ(中でも防御力がひときわ伸びる)と新たにトークン系の計略を使えるようになります。足止めの特技を生かすためにも、早めの改築を目指したい城娘です。

備中高松城(☆3)

f:id:toimoni:20160714110858j:plain

無計略なので素早く巨大化できて、しかも最大まで巨大化すると攻撃力と防御力がさらに15%も上昇するためどんな場面でも活躍できるとても頼りになる城娘です。

築城のほかに1-18備後の初クリア報酬としても入手可能です。

東黒川館(☆1)

東黒川館

石弓の柳川城と同じ初期城娘の1人です。ゲーム序盤の頃は本陣レベルが低くて殿がすぐにやられてしまうため、この東黒川館の特技には大変お世話になりました。

法術

平戸城(☆3)

平戸城

法術系で計略を持っている子はこの平戸城のほかには☆4の宇都宮城と菩提山城しかいません。トークンはいざという時にはデコイにも使えるとてもありがたい存在なので、その使い手は多いに越したことはありません。

大宝寺城(☆2)

f:id:toimoni:20160812143535j:plain

平城ならではの攻撃範囲の広さが、改築することでますますパワーアップする城娘です。金銅錫杖や三蔵法師の杖といった攻撃範囲が+20される武器を持たせて、離れた場所から防御力の高い大型兜たちをバンバンやっつけちゃいましょう。

龍王山城(☆2)

龍王山城

法術は遠隔系の城娘としては射程が短いのですが、その範囲が特技によって20上昇する龍王山城は、それだけ配置できる場所が広がることにつながるのでとても助かります。法術の一撃は防御力の高い敵をいとも簡単に撃破してくれます。

鉄砲

石倉城(☆1)

石倉城

弓の石山城と同じ特技の持ち主で蔵を守るために何度もお世話になっている頼もしい城娘です。

弱い敵が大量に攻めてくるときは攻撃速度の速い石山城を、敵がもっと強い場合には攻撃力の高い鉄砲の石倉城をそれぞれ蔵の守りにつかせています。

前橋城(☆3)

前橋城

敵の攻撃力を15%も低下してくれるデバフ効果の持ち主。計略が無いおかげで早めに最大まで巨大化して特技を発動できるため敵の攻撃が激しすぎるときは助かってます。

根来城(☆3)

根来城

トークン持ちなので「気」の消費量は多いですが、最大まで巨大化すると自身の攻撃力が25%もアップするため広範囲の敵に非常に高いダメージを与えることができます。

敵が近づく前にできるだけその耐久値を削いでおきたい場合など、活躍の場面は多々あります。

津和野城(☆3)

津和野城

バフ効果のある特技と物見櫓(弓兵)のトークンを持っている城娘。物見櫓のトークンは攻撃範囲が広めなので津和野城を部隊に含めると防衛できる範囲がぐっと広まります。

大砲

安平古堡(☆3)

f:id:toimoni:20160707073636j:plain

大砲は2016年6月28日に行われた定期メンテナンスによって新たに加わった武器種です。

大砲は攻撃範囲が全武器種の中で最も広く、しかも着弾地点にいる敵だけでなくその周囲にいる全ての敵に対してもダメージを与えることができるので大勢の敵が密集して襲ってくる場面などでは非常に高い効果を発揮してくれます。

反面、「気」の消費量が全武器種の中で最も多く攻撃速度も遅いためバラバラに襲ってくる敵を個別に撃破するといった場面ではなかなか真価を発揮することができません。

安平古堡は最大まで巨大化することで「範囲内にいる敵の防御力を20%も低下」してくれるので、「気」を生み出す計略を持っている☆3の鹿野城などとセットで出陣させるとより効果的です。

三木城(☆2)

三木城

槌系の城娘はとても少なくて☆3の子はひとりもいません。☆2以下の子はだいたいどの子も似たり寄ったりのスペックなので自分は真っ先に来てくれた三木城を主に育てています。

槌は防御力&耐久値が高い反面、攻撃範囲が非常に狭いため通路上などに配置して敵の侵攻を食い止める壁役として用いるのが定番の活用方法です。

歌舞

鶴ヶ岡城(☆3)

鶴ヶ岡城

歌舞は非常に打たれ弱いので少しでも大破のリスクが少ない鶴ヶ岡城を選んでみました。彼女は改築が可能な城娘で改築すると☆4のキャラになるところもおすすめなポイントです。

レベル次第でどんな子も活躍できる

このほかにも、ちょっと力不足かなあと感じている子でも「好きだから」という理由だけでどんどんレベリングを重ねて積極的に使っている子も何人もいたりします。

例えば刀の柳之丸

柳之丸

3体までの敵を足止めできるという特技はとても魅力的ですが、足止めするという事は複数の敵と長時間戦い続けるということを意味しています。なので防御力は高ければ高いほど良いという事になるのですが、彼女の城属性は平城なので同じ特技を持つほかの山属性の城娘よりはスペック的には劣ってしまう(山城のほうが巨大化による防御力の上昇率が高い)んですよね。

でも柳之丸は割と早くから手元に来てくれた城娘で声も性格もとにかく可愛いので今もずっと使い続けています。さすがにメインのキャラとしては厳しいですがもっとレベルを上げればきっと一軍でも活躍してくれるはず!?

1人や2人ならちょっと弱い子を入れても戦略次第でどうにでもなるところが城プロREの面白さだと思います。